>>>トップページ > 葺き替え価格・相場

スレート屋根の葺き替え価格・相場

●スレート屋根のスレートを撤去する価格・費用

 
スレート材料を撤去する方法の利点
・ 劣化スレートを撤去できるので、すっきり、気持ちが良い。
・ 劣化したスレート材料、既存のルーフィングなどについたカビ、苔が無くなる。
・ 下地も新しくすれば、下地の劣化の心配をすることから開放される。
・ かなり大変だが、スレートを撤去してコンパネも新設すればスレート材料も施工できるかも
・ 下地材も撤去すれば、屋根の骨組み(垂木、屋根の梁など)が簡単にチェックが可能
スレート材料を撤去する方法の欠点
・ スレートを撤去費用と廃材の処理費用が必要。
・ スレートを撤去するので、断熱の効果があるかも知れない屋根材が使えない
・ スレート材料に含まれるアスベスト飛散の対策が別途必要、処理費用が多少高くつく
   スレート屋根の葺き替えには、カバー工法を選ぶお客様が殆どですが、スレート材料を撤去する工法での利点、欠点を書いてみました。 撤去する方法の利点、欠点からも検討してください。
 
トップページ
スレート屋根の
葺き替え方法
スレート屋根の
葺き替え価格,相場
ガルバリウム鋼板
石粒付鋼板
ジンカリウム鋼板
アスファルト
シングル材
塗装:やって良い?
やらない方が良い?
スレート屋根塗装
価格、費用
スレート屋根の
耐用年数、寿命
スレート材料
について
スレートの歴史
メーカー
アスベスト問題
スレート屋根
劣化の理由
会社概要
特定商取引法に基づく表示
問い合わせ・依頼
サイトマップ
 

 ●スレート材料を撤去せず、新屋根材を重ねて施工、カバー工法

  ●カバー工法で使える屋根材料と本体(役物を除く平部)の相場・概算価格)

  ・ スレート屋根のカバー工法屋根材の代表; ガルバリウム鋼板
 
   スレート屋根のカバー工法で一番、良く施工されるのは、なんといっても軽いガルバリウム鋼板です。
 その本体の施工相場は、平米あたり ¥ 5,000(断熱材なしの製品)、¥ 6,000(断熱材付)程度からあります。 表面を
 フッ素樹脂で塗装したものは、もう少し高く、保証は 20年。
 

  ・ 高耐久性、耐用年数 50年、保証 30年のジンカリウム鋼板・石粒付鋼板 
 
   石粒付鋼板・ジンカリウム鋼板は、ガルバリウム鋼板の欠点である雨音がしません。
 ですから、雨音の気になる方、超長期の耐用年数をご希望のお客様には、根強い人気があります。
 本体施工価格、¥7,000 〜¥ 9,000/u、提携の屋根屋さんで、¥ 7,000/u (役物、足場など他の工事を除く)
 

  ・ 雨音なし、低価格、米国では70%以上の普率; アスファルトシングル(通称シングル)
 
   低価格で、ガルバリウム鋼板の欠点である雨音がしない屋根材と聞かれたら、この屋根材です。 米国では、70%以上
 の一般木造住宅で使われている材料です。 雨音の気になる方、ガルバリウム鋼板程度の施工価格で屋根の葺き替えを
 したいお客様に人気です。 本体施工価格、¥5,000/u、程度。
 

 

 ●各屋根材本体の施工相場、概算価格

 
  ※ルーフィング; 良く使われる、普及品。 本体以外の役物を共通のものを使うとした金額。

スレート屋根専門サイトトップへ

  暴風や竜巻でスレート屋根が損傷したら、火災保険で修理
●スレート屋根の葺き替え工事受付いたします。
 ●スレートに替る葺き替え材料をいろいろご提案できます

   スレート屋根の葺き替え、工事、火災保険・風災の補償金の申請は;
         屋根工事お助け隊へ 電話: 0120−58−1152
      スレート屋根の葺き替え、スレート屋根修理、スレート屋根塗装は
屋根工事お助け隊へ 電話: 0120−58−1152

By 屋根工事お助け隊 ads11860@nifty.com
  Copyright@スレート屋根専門サイト All rights reserved