スレート屋根メインタイトル

スレート屋根の葺き替え価格・塗装・塗料・工法・修理・相場

スレート屋根がヒビ、割れが発生している、塗装も完全に剥げてしまった。塗装で済まそうか?葺き替えか? 工法は何が良いか?どんな屋根材が良いか?お答えします。

・スレート屋根の塗装:良い場合、悪い場合

・塗装の塗料、どの塗料が良いか?

・スレート材料の劣化

・スレート屋根の塗装の費用、相場

・スレート屋根の耐用年数

・雨漏りの仕組み

・スレート屋根の葺き替え方法

スレート屋根の葺き替え、修理、トラブルで特に工務店や建築会社のリフォーム担当の営業さんは、間違いが非常に多い、葺き替えに誘導している場合もあるようです。 正しい知識、見識を持って、判断、修理、葺き替えを行ってください。 嘘、噂、誘導、脅しに乗らないでください。 皆様のスレート屋根の葺き替えで参考になればと思います。

スレート屋根の葺き替え方法:

スレート屋根の葺き替えの方法は、大きく分けて2つです。
1: スレートを撤去して、同じスレート材料、又は別の屋根材を施工する方法
2: スレート屋根をそのままに、重ね葺きする方法

1の方法は、屋根材は思い瓦以外、スレート材料より重い材料以外のいろいろな屋根材料を施工することができます。2のカバー工法は、瓦やスレート材より重い材料は不可で、スレート自身のカバー工法も不可になります。使える材料の選択は、●ガルバリウム鋼板、●ジンカリウム鋼板、●アスファルトシングル等になります。

スレート屋根の葺き替え価格・相場:

スレート屋根の葺き替え相場は、各工程でおおよそ判ります。施工相場・費用の詳しい解説

スレート材を撤去する際の費用;

撤去費用;¥1,700/㎡ ~ ¥2,300/㎡、これに廃材処理費用がかかります。

新しい屋根材の施工費用(材料費と工事込みで表します);
ガルバリウム鋼板本体施工価格: ¥4,500/㎡~¥ 7,000/㎡程度
ジンカリウム鋼板本体施工価格: ¥7,000/㎡ ~
アスファルトシングル本体施工価格: ¥5,000/㎡
スレート本体施工価格: ¥4,500/㎡ 程度、スレート材料が最も低価格ですが、お薦めしません。

ガルバリウム鋼板へ葺き替え:

スレート屋根の葺き替えで、最もポピュラーな屋根材はガルバリウム鋼板で、工法はカバー工法になります。ガルバリウムが選ばれる、もしくは屋根屋がお薦めする理由は、価格、軽さと耐用年数の主な3つの理由からです。

カバー工法が使えれば、スレート屋根のスレー材料を撤去&処分することなく、その上からガルバリウム鋼板を重ね葺きすることができ、コストの大幅な削減が可能になります。耐用年数は、25年メンテ要らずです。(塗装は無くなります)。

スレート屋根の葺き替えで、最も施工実績があり、最もコスト安で、工事も簡便なのが、ガルバリウム鋼板のカバー工法です。工法は至って、簡便で;

  1. レート屋根の上にルーフィング(防水材)施工
  2. ルーフィングの上にガルバリウム鋼板の施工
  3. 本体以外の役物、部品の施工

以上です。

50㎡程度のスレート屋根なら、足場の設置を入れても最短 4営業日で完成します。費用でもスレートを撤去する費用が不要ですのでコスト的にも有利な工法になります。ガルバのカバーページスレート屋根のリフォームで最も人気のある、ガルバリウム鋼板ですが、勿論短所、欠点もあります。

スレート屋根のカバー工法では問題になりませんが、スレート材料を撤去する工法のときに、断熱と雨音が問題になります。ガルバリウム鋼板は、一般住宅用では、コストと軽さを求めるので、0.3~0,4mm程度の非常に薄い材料です。それゆえに熱と雨音を防ぐことが困難です。その欠点を対策する必要がある場合について、解説します。

 

石粒付鋼板(ジンカリウム鋼板、自然石粒付鋼板):

ジンカリウム鋼板、石粒付化粧鋼板、自然石粒付鋼板:

などいろいろな言い方でいわれている屋根材。スレート屋根のカバー工法もOK。 ガルバリウム鋼板の雨音問題を解決する材料です。また耐用年数が50年材料保証30年の優秀な屋根材です。

ガルバリウム鋼板やジンカリウム鋼板の上に細かい石粒をアクリル等でコーティングした屋根材です。ちょっと名前が混乱しています。またまだまだ知名度がありませんが、今ぐんぐんと売上が伸びている屋根材のひとつです。写真は、ディーズトレーヂング社の、エコグラーニという石粒付鋼板になります。

アスファルトシングル材:

スレート屋根より軽量で、ガルバリウム鋼板のように雨音がしない屋根材のひとつ、アスファルトシングル材です。米国では、70%以上の木造住宅の屋根に使われている屋根材です。通称;シングルと言われています。 材質は、アスファルトを不燃布に浸透させ、保護剤でコーティングした材料。 イメージは非常に硬いカーペット、表面はザラザラしていて雨を拡散し、雨音になりません。

この原理は石粒付鋼板と同じ。耐用年数は20年程度、施工価格は、ガルバリウム鋼板より安いか、同等です。塗装することは出来なくて葺き替えになります。どちらかと言うと洋風の家に合う。

 

トップページの内容は以上になります。

更新日:

Copyright© スレート屋根専門サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.